意外と知らないビタミンのこと!

2019年10月01日
1つ星 0
読み込み中...

みなさん、こんにちは!

栄養で身体のパフォーマンスを上げる!

カラダツクルの久保です。


「ビタミン」ってひとと括りに

すると簡単にまとめれてしまうのですが、

結構、細かく分かれています。


ビタミンは、ビタミンB群、

Cなどの水溶性ビタミンと、

ビタミンD,A,K,Eの脂溶性ビタミン

とたくさんの種類があります。


それぞれのビタミンの特徴や作用に

ついてすべて解説したいくらいですが、

今回はその中でも質問が多く、

知ってほしいことを絞って解説しますね!


①アスリートが不足しがちな


 ビタミンってなんですか?

基本的にビタミン不足のアスリートは

多いのですが、やはり多いのは、ビタミンB群とビタミンCです。


この二つは水溶性ビタミンのため、

すぐに汗などで身体の外に出て行ってしまいます。


また身体になかなかストックできない栄養素なので、

こまめにしっかり摂っていくことが求められます。


>ビタミンB群


代謝に関わる大切な栄養素です。

これがしっかり摂れるアスリートは、

代謝がうまく回り始めますので、

疲労感や倦怠感などが少なくなったり、

ウエイトコントロールがしやすくなったり、

様々な嬉しい反応があります。


食品で言うと、

穀類・肉・魚卵・大豆製品などに多く入っています。


>ビタミンC


ストレス対抗ビタミンです。

アスリートは過度な運動だけでなく、

紫外線や心身のストレス(プレッシャーや緊張感など)

で身体は多くのストレスを感じます。


このストレスに対抗していくためには

ビタミンCがすごく大切な栄養素なのです。


食品でいうと野菜・果物・イモ類に多く入っています。


②野菜を摂っていればビタミンは


 しっかり摂りきれていますよね?

これは「NO」です

ビタミン=野菜

そんなイメージが多いようですが、

それがすべてではありません。


例えば、先ほど説明したビタミンB群。


これらは野菜よりも肉・魚・卵・

大豆製品に多く入っていることが多いです。


特に酸素を運ぶ上で大切な赤血球を

つくるビタミンB12は野菜類に

あまり含まれていないので、

野菜中心の生活スタイルの方は不足しがちです。


野菜だけ食べていればOK!

と思っているアスリートは要注意です。


③ビタミンのサプリメントはどう思いますか?


僕の考えは使用してもいいと思っています。


むしろ使用しないと補給しきれていないかと。


食品で必要な量を摂れると良いのですが、

難しい場合が多いかと思います。


過酷なトレーニングでそもそも消耗量が多かったり、

遠征が多く満足に食事が摂れなかったり、

アスリートは、食事だけで必要量を

摂取することが難しい場合が多いと思うのです。


食事をベースに、足りない場合は、

サプリメントを併用していくことをオススメします!


④摂るならやっぱりマルチビタミンですか?


これは、基本的には「YES」。


栄養はチームで働きますので、

ベースの底上げのために

マルチビタミンから飲んでみる

ことはオススメしています。


ただ、食事が野菜ばかりで動物性食品などが

少ないなと判断した時や、

逆にたくさんの糖質や脂質などを食べる

(カロリーをしっかり摂る)などの場合は、

補助としてのビタミンB群の必要量が上がりますので、

ビタミンB群のサプリメントをオススメすることもあります。


自分に必要なものをしっかり

選べるように知識をつけたり、

相談できる栄養士などの

専門家を近くに置く事は大事ですね。


https://www.karada-tsukuru.jp

関連記事

関連動画