免疫力爆絶アップ!アス鍋!

2019年09月30日
1つ星 0
読み込み中...

みなさん、こんにちは!

栄養で身体のパフォーマンスを上げる!

カラダツクルの久保です。

冬の追い込み期間も終わりに

近づいてきましたね!!

春にかけて、朝晩の気温差も激しくなり

体調の管理が難しくなってきます。

インフルエンザなどの感染症予防や

花粉症などのアレルギー対策も必要ですよね。

僕自身も花粉症には

毎年悩まされていますが、

ここ最近は色々と

意識しているせいか

重度の症状は現れていません。

感染症予防や

アレルギー対策を

同時に取り組みたい時は、

「免疫UP対策」です。

運動によるストレスと

免疫には関係があり、

激しい運動をした時には

免疫機能が低下するのです。

特にアスリートは、

日常的にトレーニングを行い、

ストレスにさらされているため、

日常的に免疫機能が

抑えられていると報告されています。

つまり、トレーニング量を

増やしている時こそ、

ウイルスに感染しやすくなります。

ウイルスに感染しやすい冬こそ、

鍋料理で身体を温めながら、

免疫力を高めましょう!!

そこで今回は、

「免疫力を高める際に大事な3つのこと」

普段の鍋をアスリートにオススメな

お鍋に変えれる食材とポイントをご紹介します!

◆免疫力を高める際に大事な3つのこと

①腸内環境を整える

②粘膜を強くする

③免疫細胞を活性化させる

1)腸内環境を整える食品

免疫細胞の60~70%程度は、

腸に存在するといわれています。

みそ、キムチなどの発酵食品や、

野菜やキノコ類など食物繊維を

多く含む食品は、善玉菌を増やし

腸を活性化するため免疫力を高め、

風邪予防につながります!

野菜ときのこたっぷりのみそ鍋、

キムチ鍋などがおすすめです。

2)粘膜を強くする食品

脂溶性ビタミンである

「ビタミンA」は、

粘膜を強くし、病原菌など

の体内への侵入を防ぎます。

小松菜・人参・青ネギなどの

「緑黄色野菜」はビタミンAを

多く含むので、特にオススメです!

また、野菜は鍋に入れると

カサが減り、たくさん食べられます。

偏食の子にもオススメです。

3)免疫細胞を活性化させる食品

免疫細胞を活性化

させる栄養素として、

「ビタミンD」の摂取が

注目されています!

ビタミンDを多く含む食品は、

魚類(特に鮭など)や

キノコ類(しめじ、まいたけ、エリンギなど)です。

魚類は、炎症を抑える

EPA・DHAも豊富ですので、

積極的に摂りましょう!

また、しょうが、ねぎなど

の薬味を入れて、

身体や腸を温める

工夫をしても良いです。

鍋の残り汁にも、

食品の栄養素がたくさん出ています。

ごはん、もち、うどんなどを入れて、

締めの料理も楽しみましょう!!

増量したい選手など、

成長期のお子様には

締めまで食べてもらいたいです!

アス鍋を活用して、

コンディションを維持しましょう!!

https://www.karada-tsukuru.jp/

関連記事

関連動画